シルデナフィルとは

世間一般的に発表されている「シルデナフィル」という言葉には2つの意味があります。

そのため、2つの意味を混同して考えてしまう人が多く、勘違いしている人も多いので、こちらで簡単に紹介していきます。

まずは1つ目の意味についてですが、シルデナフィルとは世界で最も売上が高いアメリカの製薬会社「ファイザー」が開発・販売している「バイアグラ」というED治療薬の主要成分のことを指しています。

バイアグラは日本で最も有名なED治療薬でもありますので、バイアグラという薬剤がどのような薬なのかということについて知らない人は少ないと思われますが、バイアグラというのは日本で最も早く認可されたED治療薬となっています。

そして2つ目の意味については、バイアグラの特許が切れたと同時に発表されたバイアグラのジェネリック薬品となっていて、面白いエピソードとしては、バイアグラのジェネリックを発表したのはバイアグラを開発した米国のファイザーではなく、世界で2番目に売上が高いとされているスイスのノバルティス社となっています。

ジェネリックとしてのシルデナフィルは、ジェネリック薬品ということもあり、バイアグラよりも遥かに安価に手に入れることが出来て、日本で購入する場合のシルデナフィルの価格については、1錠あたり1,000円以下で購入することが出来ます。

注意点としては、ジェネリック薬品としてのシルデナフィルは、世界中で開発・販売している業者や企業が存在していて、中には粗悪品や偽物も多いということが挙げられます。

そのため、ジェネリックのシルデナフィルを購入する際には、Sandoz社という企業が販売しているシルデナフィルを購入することが大切です。

Sandoz社というのは、シルデナフィルを開発・販売しているノバルティス社のジェネリック部門を司っている会社となっていて、Sandoz社のシルデナフィルなら、安心して使用することが出来るということに繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です