プロペシアジェネリック医薬品フィナステリド錠「サワイ」について

1.プロペシアジェネリック医薬品
抜け毛でお困りの方でAGA治療薬をネット等で調べた方はプロペシアという薬をよく目にしたことだと思います。プロペシアは男性型脱毛症の原因、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きを持っています。
プロペシアは、もとは前立腺肥大症や前立腺がんの治療のために使用されていましたが使用した患者の毛髪が濃くなるという効果が確認されたためAGA治療薬に使われるようになりました。
プロペシアは世界各国AGA治療薬として使われ日本でも2005年末に万有製薬から発売されることとなりました。
そして、時を経てそのジェネリック医薬品であるフィナステリド錠「サワイ」が誕生しました。

2.フィナステリド錠「サワイ」について
フィナステリド錠「サワイ」の効果はその正規品であるプロペシアと遜色ありません。副作用についても「性欲が減退するのではないか?」という声が挙げられることがありますが、考えにくいというのが一般的な回答です。
もう一個勘違いされがちなのが、女性が飲んでも髪の脱毛を阻止できるのではないかという点です。これに関しては、フィナステリド錠「サワイ」は男性ホルモンを調節する者なので、女性が飲んでも効果は現れません。妊婦が飲むと体内の男児の成長の妨げになるので間違っても服用しないようにして下さい。

3.フィナステリド錠「サワイ」はディフェンス治療
フィナステリド錠「サワイ」はAGA治療薬の中でもディフェンス治療と言われる部類に属しています。というのも、フィナステリドは育毛をメインとした薬品ではなく、毛根を強くして脱毛を防ぐという狙いがあるからです。
ディフェンス治療があるということはオフェンス治療があるということで、このフィナステリド錠「サワイ」の対極にあるのがロゲインと言われています。
ロゲインはホルモンとは無関係なので女性が使用しても効果が見られます。
オフェンス治療がいいのか、ディフェンス治療がいいのかを決め自分に合った治療を行ってください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です