最近耳にするプロペシアとは

最近よく聞くAGA治療薬とは?
最近CMや電車の広告でAGA治療薬という文字を目にする機会が多いことだと思います。AGA治療薬とは男性型脱毛症薬のことです。日本では2005年10月に製造販売承認されました。一昔前だったら禿げたらそこで髪は終了と思われていましたが、髪も治療する時代になったわけです。
とは言えAGA治療薬は、10年ほどはそこまで浸透しませんでした。しかしここ最近ようやく認知度が上がり徐々に使用されるようになりました。
口コミや実績を踏まえここ2~3年ほどで爆発的な人気を集めています。
AGA治療薬は育毛剤の総称で1種類だけではありません。ここでは世界で初めて医師が処方するようになった内服薬、プロペシアについて紹介したいと思います。

プロペシアとは
プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きがあります。それにより、細くなった髪の毛にコシが出る、休止中の毛穴から毛髪が成長するといった効果が期待できるのです。
クリニックなどで処方されるのですが、そこまで時間がかかるわけではありません。
クリニックによっても若干異なりますが、来院、問診、処方というプロセスを踏むのが一般的ですが、20分程度で処方までされます。
ただし、未成年に対しては安全性、有効性が確立されていない為処方していないクリニックもあります。

プロペシアの副作用について
プロペシアの副作用についてですが、肝機能障害が現れることがあると言われています。頻度は報告があるという程度で頻繁に発生するものではありませんが、監察を十分行う必要があります。
その他の副作用として挙げられるのが勃起機能不全、射精障害などが挙げられますが、これに関しては1%未満と言われています。
いずれにせよ副作用はほとんど見られないものの0%ではないということだけは頭に入れておく必要があるでしょう。
やはり仕様の際は医師と相談するのがベストだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です