シルデナフィルの副作用について

日本で公式に薬剤として認可されているED治療薬の場合は、副作用が非常に軽く、症状が出た場合でも健常者なら気にしない程度の症状しか出ない治療薬も多くなっていて、シルデナフィルも日本で認可されているED治療薬ということになりますので、副作用というものはほとんどありません。

しかし、稀に下記のような副作用が出るケースもありますので、十分に注意しなければいけません。

頭痛
のぼせ感
腹痛および吐き気や消化不良
頭部や胸部の拍動感
軽度の複視
急な血圧の変化

以上の6点となっています。

どれもこれも、シルデナフィルの効果や仕組みを考えると症状として出てもおかしくない副作用となっていますが、シルデナフィルは、身体の中の血圧に働きかけて勃起を促すための薬剤となっていますので、通常の状態では男性器に血液が集まらない状況を無理やり海綿体に血液を流すための薬剤となります。

このように、無理をしているという状況になりますので、無理をさせられた臓器や消化器官に関しては変調をきたしてしまう可能性が高くなってしまうということになります。

といっても、冒頭でも紹介したように、非常に軽い副作用となっていますので、感覚で言えば「少し体調が悪いかな?」程度の副作用となっています。

シルデナフィルの副作用に関して、最大の注意点としては「心臓に疾患がある人の服用が禁止されている」ということになります。

心臓というのは血液を全身に送り出すためのポンプという働きをしていますが、シルデナフィルを服用することによって血液を一部分に集めるというようなことをすると心臓というポンプに大きな負荷が掛かるということになりますので、心臓に疾患がある人の場合は致命的な副作用になることが多いです。

そのため、キチンと医師の診断を受けてからシルデナフィルを処方された人の場合は問題ないかもしれませんが、個人輸入でシルデナフィルを手に入れた人の場合は十分に注意しなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です