育毛剤を使用する際には並行して薄毛の因子を取り除こう

最近抜け毛が多くなった、目視でもはっきりと薄くなった部位が確認できるなど改善を目的として育毛剤を使用開始となりますが、重要なポイントとして育毛剤に全てを頼ることではなく並行して薄毛や抜け毛の原因となる因子を取り除いていく事が求められるのです。
一般的に髪の発育に良くないとされる飲酒や喫煙、ストレス、不規則な生活習慣や食生活の乱れなどが挙げられますが、一つでも心当たりがある方はその因子を解消するように努める必要が出てくるのです。育毛剤を使用することで抜け毛の量を減らし長期的な使用で発毛に至りますが、育毛剤だけに頼り過ぎてしまう事は避け育毛剤と並行する形で毛髪サイクルを見直す事が重要となってくるのです。
例えばタバコ一つ取ってみましてもタバコは毛細血管を収縮せせることで血行不良を起こしたり、抜け毛の最大の原因ともなる男性ホルモンのDHTを増大させ脱毛が促進されますので、喫煙をすることで抜け毛の量が増える事は間違いないのです。
禁煙することで約2週間後には正常な血流に改善されますので、ここで一つ薄毛、抜け毛の要因を消し去る事になりさらに育毛剤の効果を実感する事ができるようなるわけです。
育毛剤の使用を機に生活習慣の改善や飲酒、喫煙などの嗜好品を減らしたり起つ機会ともなり薄毛や抜け毛を改善できるだけでなく体質が改善される事で健康な体に生まれ変わりますのでチャレンジしてみて下さい。
薄毛や抜け毛で悩んでる方のために1日、2日で髪が生える夢のような育毛剤を望むところですが、残念ながらそのような育毛剤は無く長期的な育毛剤の使用を経て初めて発毛を実感できるようになるのです。
半年、1年、それ以上と育毛剤とは長く付き合って行く事となりますので、まずは自分ができる範囲の薄毛、抜け毛対策を取り入れてその上で育毛剤の働きを借りるという意識を持って育毛対策に挑む事が大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です