服用型育毛剤のプロペシアの驚くべき効果とは

薄毛や抜け毛対策には様々な方法がありますが、1度はプロペシアという名称を聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
プロペシアとは服用型の育毛剤で白色の錠剤を1日1錠服用する事で薄毛や抜け毛を改善する効果がある男性型脱毛症のAGA治療でも処方されるお薬です。
このプロペシアの配合成分でもあるフィナステリドは日本皮膚科学会からも高い評価を受け、服用型育毛剤の代表的なお薬なのです。
薄毛や抜け毛で悩む男性に覚えておいて貰いたい事に男性の体の男性ホルモンを置き換える酵素が育毛対策を取る上では厄介な邪魔者になり、男性ホルモンの一種がDHT(ジヒドロテストステロン)という成分に変化させられるのです。
このDHTが紛れもないAGAの男性型脱毛症を進行させる要因となりますが、プロペシアに含まれているフィナステリドがDHTの生成を阻止し薄毛や抜け毛を根本から治療できる服用型育毛剤となるのです。
プロペシアは市販のドラッグストアでは購入できずAGA治療の際に医師からの診断を受けて処方されるものですので、事前の血液検査で肝臓の数値が悪ければ処方される事はありません。また臨床試験データでも性欲減退やED、肝機能障害などの副作用も報告されていますが、非常に軽度であるためそれほど心配する必要はないでしょう。
またプロペシアには安価版のジェネリック医薬品にフィンペシアという服用型育毛剤もありますが、個人輸入代行などで購入した場合で副作用が出た場合でも自己責任となり国からの保障を受ける事はできませんので医師から受けた正しい処方で服用する事が大事なのです。
現在の皮膚科でのAGA治療では国民健康保険は適用されませんので経済的な負担も大きくなる事が予想されますが、毎月通院し医師からのアドバイスを受けられる事で続けていける自信にもつながってきますし、正式なプロペシアとなりますので安心感を得ながら治療に専念する事ができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です