バイアグラ(シルデナフィル)に慣れたらジェネリックを

シルデナフィル即効性があります

小粒で飲みやすいシルデナフィルは、他のED治療薬に比べると水に溶けやすいと言うのが大きな特徴です。
そのため、早く体の中に吸収されるので即効性が期待できます。
大体20分から30分で変化を感じている人が多くいます。
従って、性行為のタイミングをそれほど気にする必要もなく、直前になってコップ1杯の水で飲めば大丈夫です。
小粒なので携帯にも便利なので、急に必要となる時の準備として少し持ち歩く事をお勧めします。

何度も利用してきて気になるのが医療費

シルデナフィル等ED治療薬を利用する時、医療費は全額自費となります。
そのため、1回だけ薬を利用するだけであればそれほど大きな負担にはなりませんが、毎回利用するとなるとかなりの負担となる事は容易に予想できるでしょう。
日本人男性の性行為回数の平均は年間で45回程です。
毎回利用するとなると、20㎎が1錠2000円としても年間9万円必要となります。
これは大きな出費と言っても良いでしょう。
そのため、EDは何とかしたいけれど値段が気になって利用する事ができないと言う人がいるのが現状です。

医療費を気にせずにED改善

ED治療薬は全額自費ですが、先発医薬品ではなくジェネリックを利用すれば医療費を抑える事は可能です。
選ぶ薬によっても違いますが、5分の1程度の値段になる事も珍しくありません。
シルデナフィルにもジェネリックはあり、有名な物だと大体1錠150円から300円程度でも手に入れる事は可能です。
ジェネリックは有効成分も同じで飲み方も同じで大丈夫です。
医療費が気になる人は一度その利用を検討してみてはいかがでしょうか。

最初からジェネリックを利用するかどうか

医薬品は体内に取り入れる物なので、体に対する影響等を心配する人も少なくありません。
シルデナフィルはED改善に効果はありますが、多かれ少なかれ副作用が出る事がある薬です。
体質的に合う合わないもあるので、安いからといって最初からジェネリックを利用する事はお勧めできません。
まずは病院で実際にシルデナフィルを処方してもらって、慣れてきたらジェネリックに変えると言うのも賢い選択です。

シルデナフィル通販ナビhttp://arpeggio777.com/viagra/

シルデナフィルを使用する際の注意点

シルデナフィルを使用する際の注意点については、色々とありますが、大きく分けると2つになりますので、それらの注意点について詳しく紹介していきます。

まずは服用時の注意点についてですが、シルデナフィルを服用する際には基本的に空腹にしておくことがポイントになっています。

空腹のほうがシルデナフィルの効果が強く発揮されるために、より高い効果を期待することが出来るということになります。

アルコールを一緒に摂取してしまうと効果が薄まってしまうという報告も多くなっていますが、少量のアルコール程度なら問題がないということも特徴的です。

ただし、少量のアルコールですぐに酔ってしまうという人の場合はシルデナフィルの効果が発揮されないこともありますので、十分に注意して下さい。

もう一つのポイントとしては、シルデナフィルというのは、半強制的に勃起を促すためのED治療薬ということになっていますが、心因性の問題や勃起することが出来ない障害担っているという場合には効果がないことも多いです。

近年の若者がEDになってしまった場合に多いのが、AVやアニメ、成年誌などの場合は興奮することが出来るのに、実際の女性を前にすると、興奮することが出来ないというような症状になります。

シルデナフィルは半強制的に勃起を促すための治療薬ですが、興奮しないと勃起することが難しいという点については従来のED治療薬と同じということになっていますので、あくまでも「勃起しやすくなる薬」ということを念頭に置いて下さい。

そのため、リアルな女性を前にして興奮することが出来ないという方の場合はシルデナフィルのようなED治療薬を使用するのではなく、精神科を受診することによって、性的興奮するポイントを変更することが大切です。

このようなケースの場合は、十分なカウンセリングが必要となりますので、治療薬を服用することで改善されるということでもありません。

シルデナフィルの使用方法について

シルデナフィルの効果が発揮されるのは、服用から30分~1時間ほどの時間が掛かるとされていますので、セックスをする前の30分前~1時間ほど前に摂取することが大切です。

効果の持続時間については、個人差がありますが3時間~5時間程度だとされているために、多少早めに服用してもセックスをするための時間としては十分だということになります。

そして、ここからが重要なポイントということになりますが、シルデナフィルの効果を十全に発揮するためには、「空腹時に飲む」ということが大切です。

医薬品や風邪薬などの場合は、食後に服用するということが基本になっていて、空腹時に摂取することで胃や消化器官を傷めてしまうということが挙げられますが、シルデナフィルのようなED治療薬の場合は、胃の中を空っぽにした状態で摂取するということが基本になっています。

その理由としては、シルデナフィルの中に含まれている成分が血中の中に溶けこむことによって効果を発揮することになるのですが、胃の中に内容物が含まれている場合だと、胃の内容物を消化するということが優先されてしまうために、シルデナフィルの吸収が遅れてしまうという状況になってしまいます。

さらに、十分な成分含有量があるのにも関わらず、食べ物の消化が優先されてしまうためにシルデナフィルの効果が薄まってしまうということが挙げられます。

これらのことを回避するためには、上記でも紹介したように、空腹時にシルデナフィルを服用するということが最適なのですが、空腹時にセックスをするというのは非常に体力を消費してしまうために、セックスをするまえに食事をしたいという人も多いと思われます。

そこでオススメなのは、「シルデナフィルを服用して、消化されてから食事をする」ということになります。

シルデナフィルを服用したからといって、すぐに効果が発揮されるということはなく、30分~1時間ほどの時間がありますので、軽食をする時間ぐらいはあります。

シルデナフィルの価格について

シルデナフィルの価格は、個人輸入代行業者を通した場合は1錠あたり500円~800円程度になることが多く、基本的にはまとめ買いをすればするほど1錠あたりの単価は安くなる傾向にあります。

また、成分含有量によっても大きく異なるということが特徴的ですが、例えば成分含有量が100mgのシルデナフィルが1錠あたり800円で購入できた場合に、1錠をそのまま服用した場合は1回あたりの費用が800円ということになりますが、50mgのシルデナフィルでも十分に効果を発揮することが出来たという場合は、100mgのシルデナフィルを半分に割ってから服用することによって、1回あたりの費用を半額にすることが出来ます。

どれくらいの成分含有量で効果があるのかということについては、服用する人の体質によって大きく異なりますので、人によっては20mgの成分含有量で十分に効果を得ることが出来たという人も多いです。

薬の成分というのは基本的に体格や体重などによって異なるケースが多いので、体格が大きな人の場合は成分含有量が多く含まれていないと効果が出ないことも多いです。

これはシルデナフィルのようなED治療薬だけではなく、一般的な医薬品でも同じことが言えますので、体格が大きく、薬の効果を得ることが出来ないという人は薬の摂取量を増やすことで期待通りの効果を得ることが出来るということも多いです。

これらのことから、シルデナフィルを購入する場合には、購入した際の価格だけではなく、「自分の場合はどの程度の成分含有量が必要なのか?」ということを確認してから購入することによって1回あたりの費用を大きく削減することも可能です。

シルデナフィルの価格を下げることは出来ませんが、1回あたりの使用量から考えると相対的に価格を下げることが出来たということになりますので、計画的に使用することが出来るという事にもなります。

シルデナフィルを半分に割る場合は、ピルカッターを使うと綺麗に割ることが出来ます。

シルデナフィルの入手に関して、悪質な業者にだまされないためには

シルデナフィルを入手する方法については問題ないけど、悪質な業者に騙されたくないという人は多いと思われます。

実際に医療関係者が調査した結果では、インターネット上で手に入れることができるED治療薬の約6割が偽物だったというデータも報告されていますので、個人で医療機関を通さずにシルデナフィルを購入した場合は、半分以上が偽物だということになります。

シルデナフィルを入手する際に、一番確実性が高いのは、病院を受診して処方箋を出してもらって、薬局で購入するという手順になっていますが、インターネット上で個人輸入代行業者を利用する場合はリスクがあるということになります。

そのリスクを少しでも軽減させるためには、クチコミ情報を駆使して、購入しようと思っている業者を丸裸にするのが最も手っ取り早いとされています。

シルデナフィルのように、インターネットを利用して購入する人が多いような商品の口コミを判断するポイントとしては、「良い口コミよりも悪い口コミを見る」ということが挙げられます。

基本的に、良い口コミというものを信用してしまう人が多いですが、良い口コミというのは、業者自身が宣伝のために書き込んでいることも多いために、信頼度が低くなっています。

しかし、悪い口コミというのは、業者自身が書き込むことに対するメリットも少ないために、信頼度が高くなっていますので、シルデナフィルを販売している業者を選んだ場合は、業者名の口コミの中で、「最も悪い口コミが少ない業者」を選ぶことで偽物を掴まされるリスクを少しだけ軽減することが出来ます。

シルデナフィルのようなED治療薬の偽物を手に入れてしまった場合に、タチが悪いとされているのは、「偽物でも効果があった」ということが頻繁に報告されてしまうことにあります。

特に、心因性のEDを患っている人の場合は、偽物だったとしても「ED治療薬を服用した」という安心感からEDが改善されてしまうこともありますので、偽物と本物の判断をすることが難しいということになります。

シルデナフィルを入手する方法については問題ないけど、悪質な業者に騙されたくないという人は多いと思われます。

実際に医療関係者が調査した結果では、インターネット上で手に入れることができるED治療薬の約6割が偽物だったというデータも報告されていますので、個人で医療機関を通さずにシルデナフィルを購入した場合は、半分以上が偽物だということになります。

シルデナフィルを入手する際に、一番確実性が高いのは、病院を受診して処方箋を出してもらって、薬局で購入するという手順になっていますが、インターネット上で個人輸入代行業者を利用する場合はリスクがあるということになります。

そのリスクを少しでも軽減させるためには、クチコミ情報を駆使して、購入しようと思っている業者を丸裸にするのが最も手っ取り早いとされています。

シルデナフィルのように、インターネットを利用して購入する人が多いような商品の口コミを判断するポイントとしては、「良い口コミよりも悪い口コミを見る」ということが挙げられます。

基本的に、良い口コミというものを信用してしまう人が多いですが、良い口コミというのは、業者自身が宣伝のために書き込んでいることも多いために、信頼度が低くなっています。

しかし、悪い口コミというのは、業者自身が書き込むことに対するメリットも少ないために、信頼度が高くなっていますので、シルデナフィルを販売している業者を選んだ場合は、業者名の口コミの中で、「最も悪い口コミが少ない業者」を選ぶことで偽物を掴まされるリスクを少しだけ軽減することが出来ます。

シルデナフィルのようなED治療薬の偽物を手に入れてしまった場合に、タチが悪いとされているのは、「偽物でも効果があった」ということが頻繁に報告されてしまうことにあります。

特に、心因性のEDを患っている人の場合は、偽物だったとしても「ED治療薬を服用した」という安心感からEDが改善されてしまうこともありますので、偽物と本物の判断をすることが難しいということになります。

シルデナフィルの入手方法について

シルデナフィルはED治療薬となっているために、入手するのが難しいと思っている人が多いですが、シルデナフィルの入手方法は主に3つありますので、状況によっては簡単に手に入れることができる治療薬でもあります。

まずは1つ目の入手方法についてですが、病院やクリニックを受診して処方箋を出してもらい、近くの薬局で購入するという方法です。

これが最も安全にシルデナフィルを手に入れる方法となっていますが、EDの治療で病院に受診するのが恥ずかしいという人も多いために、安全性と薬剤の保証が難しくなりますが、病院を受診しないでも手に入れる方法があります。

それが2つ目の個人輸入でシルデナフィルを手に入れるという方法になります。

個人で海外から直接シルデナフィルを輸入することによって手に入れるという方法になるのですが、個人で医薬品を輸入するというのは手続きや交渉が面倒になることが多く、ツテやコネが無いと非常に難しいということになります。

そこでオススメなのが3つ目の、個人輸入代行業者を利用するということになります。

個人輸入代行業者というのは、文字通り「個人輸入を代行してくれる業者」となっていますので、個人輸入に関する面倒な手続きを全て代行してくれる業者になります。

その代わりに、直接海外から個人輸入するよりも割高になってしまうということについては知っておいて下さい。

さらに、個人輸入代行業者を利用した場合には、購入したシルデナフィルが、本当に正規の薬剤なのかということを確認することが難しくなりますので、判別する方法としては、口コミで安全性の高い業者を選ぶということぐらいしか出来ません。

病院を受診しないでシルデナフィルを手に入れるためには、インターネットを利用することが出来る環境があれば簡単に手に入れることが出来ますが、シルデナフィルという名称の薬剤を手に入れても、その商品が本当に正しい商品なのか判断することが出来ないということが問題となっています。

シルデナフィルの副作用について

日本で公式に薬剤として認可されているED治療薬の場合は、副作用が非常に軽く、症状が出た場合でも健常者なら気にしない程度の症状しか出ない治療薬も多くなっていて、シルデナフィルも日本で認可されているED治療薬ということになりますので、副作用というものはほとんどありません。

しかし、稀に下記のような副作用が出るケースもありますので、十分に注意しなければいけません。

頭痛
のぼせ感
腹痛および吐き気や消化不良
頭部や胸部の拍動感
軽度の複視
急な血圧の変化

以上の6点となっています。

どれもこれも、シルデナフィルの効果や仕組みを考えると症状として出てもおかしくない副作用となっていますが、シルデナフィルは、身体の中の血圧に働きかけて勃起を促すための薬剤となっていますので、通常の状態では男性器に血液が集まらない状況を無理やり海綿体に血液を流すための薬剤となります。

このように、無理をしているという状況になりますので、無理をさせられた臓器や消化器官に関しては変調をきたしてしまう可能性が高くなってしまうということになります。

といっても、冒頭でも紹介したように、非常に軽い副作用となっていますので、感覚で言えば「少し体調が悪いかな?」程度の副作用となっています。

シルデナフィルの副作用に関して、最大の注意点としては「心臓に疾患がある人の服用が禁止されている」ということになります。

心臓というのは血液を全身に送り出すためのポンプという働きをしていますが、シルデナフィルを服用することによって血液を一部分に集めるというようなことをすると心臓というポンプに大きな負荷が掛かるということになりますので、心臓に疾患がある人の場合は致命的な副作用になることが多いです。

そのため、キチンと医師の診断を受けてからシルデナフィルを処方された人の場合は問題ないかもしれませんが、個人輸入でシルデナフィルを手に入れた人の場合は十分に注意しなければいけません。

シルデナフィルには、脂肪燃焼効果がある

シルデナフィルの主な効果というのは「勃起を促す」という働きになっているために、日本でも主流になりつつあるED治療薬ということになっていますが、あまり知られていない効果の一つに「脂肪燃焼効果」というものがあります。

ダイエットサプリなどでも多く紹介されていますが、脂肪を燃焼することによって臓器への負担を減らして健康体を手に入れることができたり、理想的な体型を手に入れたりを様々な事ができるようになりますが、シルデナフィルがどのようにして死亡を燃焼させることが出来るのかということについて詳しく紹介していきます。

まずは脂肪が身体に蓄積してしまうという状況についてですが、これは白色脂肪細胞という細胞が脂肪を蓄積させるという働きを持っていて、似たような名前の褐色脂肪細胞というのは脂肪をエネルギーに変換させるための細胞ということになります。

そして、シルデナフィルの中に含まれている成分には、この白色脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変換するという働きを持っているために、結果的に脂肪を燃焼させることが出来るということに繋がります。

シルデナフィルには脂肪を燃焼させるための効果があるということになりましたが、いくつか問題点もあります。

まずは脂肪を燃焼させるためのアイテムとしては費用が高くなってしまうということが挙げられます。

ジェネリック薬品として安く購入することが出来るようになったシルデナフィルでも、1錠あたり600円~700円前後の価格になっていて、効果持続時間が3時間~5時間ということは、1日に2回の使用をした場合でも、1日1,200円~1,400円、1ヶ月では36,000円~42,000円ということになります。

そしてこちらも重要ですが、シルデナフィルは勃起を促すED治療薬ということになりますので、服用すると勃起してしまうということが挙げられます。

性行為をしている状況なら勃起するのも問題ないかもしれませんが、日常生活の中で勃起をすることによって支障をきたしてしまうことも考えられますので、脂肪燃焼効果を得るために使用するシーンの選択が難しいのがポイントです。

シルデナフィルの効果とは

ED治療薬として有名なシルデナフィルの効果というのは、「勃起させる」ということにあります。

ED(勃起しない状況)を改善させるための治療薬ということになりますので、肉体的な問題または精神的な問題であった場合でも、勃起させることによって解決することも多くなっています。

特に、日常的な環境の中では「勃起する=性的に興奮している」という状況になることが多いと思われますので、性的に興奮していない状況で勃起をするというのは非常に難しいです。

また、アルコールを大量に摂取している場合は、性的に興奮している場合でも勃起するための血液が男性器の海綿体に集まってくれないケースも多いために、シルデナフィルを服用することによって、無理やり海綿体に血液を集めることが出来るようになります。

これらの効果を期待することが出来ることから、健康体ではない状態での使用を控えるのが一般的となっていますが、シルデナフィルの場合は、少量のアルコール程度なら一緒に服用しても問題ないという報告もあります。

シルデナフィルを服用してから効果が出るまでに掛かる時間は30分程度だとされていますので、セックスをする30分ぐらい前に服用するということになるのですが、セックスをする30分前というと、食事中だったり、アルコールを嗜んでいたりする状況になっていることが多いと思われますので、アルコールと一緒に服用しても良いということになっているのだと思われます。

また、シルデナフィルの効果持続時間については個人差が大きくなっていますが3時間~5時間程度だとされていますので、性行為を行う時間としては十分な時間ということになります。

最後に、シルデナフィルを購入する際には、100mg錠で購入するケースが多いと思われますが、正規品のバイアグラが50mg錠で効果的だったということから、シルデナフィルを使用する場合でも、100mg錠を半分に割ってから使用しても効果があるとされています。

勃起薬としてのシルデナフィルについて

シルデナフィルは、近年日本でも多くなってきたEDを治療するための治療薬となっていて、主な目的としては「勃起を促す」という働きがあります。

男性が勃起を必要とする状況というのは多くが女性との性行為をするシーンになると思われますが、セックスをする際に勃起しないことに対して精神的に不安定になってしまい、EDになってしまうということも多いです。

2016年現在、日本でのEDになってしまう男性の割合は約15%だとされていて、おおよそ6人~7人に1人は一生涯の中でEDを経験すると言われています。

ちなみに、EDに悩まされる割合を出してみると、年齢が高くなれば高くなるほど勃起に対して悩みを持っている人が多くなり、60歳以上になると約半数の人が勃起の自信が無くなっていると言われています。

そこで重要になるのがシルデナフィルの役割ということになりますが、シルデナフィルは興奮剤ではありませんので、シルデナフィルを服用したからといって興奮するというような作用はありません。

少し不思議に感じるかもしれませんが、勃起をするという仕組みを解析してみると、性的に興奮した際に、脳から命令が出て、男性器部分の海綿体に血液が集中することから勃起するという流れになっていますので、「性的興奮=勃起」というイメージが強いのだと思われますが、重要なのは「海綿体に血液が集まっている」という状況になりますので、性的に興奮していない状況でも海綿体に血液を集めることが出来れば勃起を促すことが出来るということに繋がります。

そして、男性器の海綿体に血液を集めることが出来る薬というのがシルデナフィルということになりますので、シルデナフィルのことを別名で「勃起薬」というような呼び方をすることがあります。

シルデナフィルを使用すると、興奮していないのに勃起するということになりますので、射精をすることによって性的興奮が治まった後でも連続して射精することが可能になりますが、精液の量が減ると感覚が鈍ってしまうというデメリットもあります。