バイアグラ(シルデナフィル)に慣れたらジェネリックを

シルデナフィル即効性があります

小粒で飲みやすいシルデナフィルは、他のED治療薬に比べると水に溶けやすいと言うのが大きな特徴です。
そのため、早く体の中に吸収されるので即効性が期待できます。
大体20分から30分で変化を感じている人が多くいます。
従って、性行為のタイミングをそれほど気にする必要もなく、直前になってコップ1杯の水で飲めば大丈夫です。
小粒なので携帯にも便利なので、急に必要となる時の準備として少し持ち歩く事をお勧めします。

何度も利用してきて気になるのが医療費

シルデナフィル等ED治療薬を利用する時、医療費は全額自費となります。
そのため、1回だけ薬を利用するだけであればそれほど大きな負担にはなりませんが、毎回利用するとなるとかなりの負担となる事は容易に予想できるでしょう。
日本人男性の性行為回数の平均は年間で45回程です。
毎回利用するとなると、20㎎が1錠2000円としても年間9万円必要となります。
これは大きな出費と言っても良いでしょう。
そのため、EDは何とかしたいけれど値段が気になって利用する事ができないと言う人がいるのが現状です。

医療費を気にせずにED改善

ED治療薬は全額自費ですが、先発医薬品ではなくジェネリックを利用すれば医療費を抑える事は可能です。
選ぶ薬によっても違いますが、5分の1程度の値段になる事も珍しくありません。
シルデナフィルにもジェネリックはあり、有名な物だと大体1錠150円から300円程度でも手に入れる事は可能です。
ジェネリックは有効成分も同じで飲み方も同じで大丈夫です。
医療費が気になる人は一度その利用を検討してみてはいかがでしょうか。

最初からジェネリックを利用するかどうか

医薬品は体内に取り入れる物なので、体に対する影響等を心配する人も少なくありません。
シルデナフィルはED改善に効果はありますが、多かれ少なかれ副作用が出る事がある薬です。
体質的に合う合わないもあるので、安いからといって最初からジェネリックを利用する事はお勧めできません。
まずは病院で実際にシルデナフィルを処方してもらって、慣れてきたらジェネリックに変えると言うのも賢い選択です。

シルデナフィル通販ナビhttp://arpeggio777.com/viagra/

レビトラにも待望のジェネリック医薬品が

ED治療薬の変遷

男性の勃起不全の改善薬として、世界中で最もその名を知られているのはバイアグラでしょう。
そのバイアグラから遅れることしばし、その後、さらなるED改善治療薬が複数開発され、世の中にお目見えしてきました。
新薬の特許が切れる10年の歳月を経た今、ED治療薬にもジェネリック医薬品の波が押し寄せてきています。
これまでの新薬の値段を考えると、この日を待ち望んでいたという人も多いのではないでしょうか。

高価なED治療薬

たとえば、バイアグラと並んで治療薬として用いられることが多いレビトラは、これまで新薬でのみしか処方できなかったときには、1錠が1500円前後というのが当たり前でした。
新薬というのはそれだけ開発に時間もお金もかかりますので、その分、薬の1錠1錠に価格として反映されてしまうのです。
これは何もED改善治療薬に限った話ではありませんので、新薬が持つ宿命と言っても過言ではないのではないでしょうか。

値段と入手先

けれど、ED治療のためには長く服用する必要がありますので、値段についていけず治療をあきらめる人もいたでしょう。
あるいは、安く買えるからと並行輸入の通販サイトを利用することを検討した人も多かったはずです。
実際に購入して服用した人も多いと聞きますが、素人判断で飲むと危険なこともあるのが、精力剤などとは違った医薬品の注意すべきところです。

念願のジェネリック医薬品

そんなレビトラにも、ついに念願のジェネリック医薬品が登場し、オリジナルの主成分であるバルデナフィルを有効成分としたものが複数出ています。
これにより、1錠200円程度にまで費用を抑えることが可能になりましたので、いかにジェネリック医薬品が庶民の味方であるかということを強く感じた人も多いのではないでしょうか。
長く服用するためにも、主成分が同じであるならジェネリックという選択肢しかないと感じている人も多くいるはずで、ED治療の救世主となっているのは間違いありません。
その意味では、今後ますます需要が増えていくと思われます。

手軽に続けることができるジェネリック

食事の影響を受けにくいレビトラ

ED治療薬として有名なバイアグラですが、その素晴らしい効果とは裏腹に食事の影響を受けやすいというデメリットがあります。
後発薬として、バイアグラのデメリットを改善したのがレビトラです。
食事の影響をまったく受けないわけではありませんが、あっさり目の食事であれば食事後であっても大丈夫です。
もちろん、空腹時のほうが効果が出やすいのはバイアグラと同じですので、効果を実感したいという方は空腹時か食後2時間後に服用することをおすすめします。

レビトラの価格

食事の影響をそれほど受けず、腹八分目であれば食後の服用もOKで、短時間で効果を発揮することができる良いED治療薬ですが、ただ一つネックとなるものがあります。
それは、日本でレビトラを手に入れるには、クリニックで診療を受けなければならないこと、そして保険適用外であるためすべて自費で支払わなければなりません。
そのクリニックにもよりますが、10mgで1,500円、20mgで2,000円程度するため、気軽に試せるような価格ではありません。

個人輸入で手に入るレビトラのジェネリック

そこで人気となっているのがレビトラのジェネリックです。
日本の正規品は10mgで1,500円前後しますが、海外のジェネリックであれば、その10分の1程度の価格で手に入れることができます。
購入するのに処方せんの必要もないため、通院の必要もなく安価に手に入れることができるとジェネリックを選ぶ方が多くなっています。
海外の医薬品であっても、個人輸入代行サービスを活用すれば、日本にいながらにして海外の医薬品を手に入れることができるので便利です。

有効成分は同じ

ジェネリックだからといって成分が違うわけではありません。
同じ有効成分が配合されているため、同じ効果を期待することができます。
非常に安価に手に入れることができ、レビトラのすぐれた効果を実感できるのですから、ジェネリックを利用したいという方が増えるのも納得です。
ただ、海外の医薬品を購入する場合は、信頼できる個人輸入代行サービスを選ぶことが大切です。

レビトラのジェネリックでガツンと効かせる

即効性が最も高い

レビトラの有効成分は塩酸バルデナフィル水和物というもので、水和物ということもあり、非常に水に溶けやすい特徴があります。
そのため、バイアグラやシアリスなどのED治療薬と比べても、最も効き目が早く、空腹時なら服用後20分程度で作用してきます。
そのため、短時間で効く即効性を期待する方に選ばれています。
持続時間は10mgなら5時間程、20mgなら最大10時間程度が期待できるでしょう。

ジェネリックなら始めやすい

レビトラにはバリフなどのジェネリック医薬品も登場しています。
先発薬と同様の成分と同等の効果を持ちながら、お値段が安いのがメリットです。
ED治療薬を使ってみたいけれどコストが気になるという方にとっては、お値段が安い分、使い始めやすいのではないでしょうか。
インターネットサイトを利用すれば、処方箋も不要で自宅にいながらいつでも注文できるので、まずはお試しで購入してみるといいかもしれません。

気になる副作用

レビトラとそのジェネリック医薬品は、あくまでも薬であるため副作用が生じる可能性があります。
どの程度の副作用が生じるかは、その方の体質などによって異なり個人差があります。
もっとも、即効性が高く、よく効く分、副作用は出やすいほうで約9割の方に何らかの副作用が発生します。
よくある症状としては顔のほてりや目の充血、鼻づまり、頭痛、動悸などです。
あまりに酷い場合は即刻使用を中止して、必要に応じて医師の診療を受ける必要があります。
我慢できる程度であれば、使って行くうちに慣れていきます。

服用のタイミングを知っておく

レビトラはもちろん、そのジェネリック医薬品も服用のタイミングというのが大切です。
性行為の1時間前、できれば空腹の時が望ましいです。
ただし、バイアグラなどに比べると食事の影響を受けにくく、少量であればアルコールを飲んでも効き目が悪くなることはありません。
ただし、有効成分の働きにより血行が促進され、アルコールの周りまでよくしてしまうので、お酒に弱い方は飲まないほうが無難です。

海外に目を向けるジェネリック商品

日本にレビトラが登場

レビトラは、2001年12月に申請を厚生労働省に行い製造及び販売が許可され、2007年7月には5mg錠、10mg錠、あるいは20mg錠の3タイプ全ての販売が許可されました。
そもそも、その医薬品はバルデナフィルを含有しており、この医薬品の効果は血管を拡張させる作用によって血液の流れを円滑にする成分が含まれているので、結果的にEDに関する悩みを解消、あるいは軽減する事が可能となる訳です。

レビトラのメリット

しかし誤解してほしくないのは、性的な何らかの刺激が無ければ勃起する事は有りませんので、前夜に飲んだレビトラのせいで職場であるいは、客先で恥ずかしい思いをしなくても済むのはメリットと言えるでしょう。
レビトラは税込みで10mg1錠を1500円、そして20mgを税込みで2000円で売られており、最古参のEDの治療薬と余り変わりませんが、当該の医薬品では事前に軽食であればレビトラ本来の効果を存分に発揮出来ると考えられます。
また、効果が継続する時間は10mg錠ではおよそ5時間から6時間程度で、20mg錠では8時間から10時間前後であると考えると良いでしょう。

レビトラのジェネリック医薬品の日本国内での状況

この様な話を聞いていると、レビトラのジェネリック医薬品は国内では製造・販売していないのだろうかという疑問が生じるのは当然かも知れません。
その答えは現状では厚生労働省の認可が下りているかという意味では、日本国内のED治療クリニック等を医療機関から入手するという事は、今の所困難を極めます。

個人輸入代行業者を利用する手もある

どうしても当該の医薬品のジェネリックが欲しいという場合には、海外に目を向けると良いかも知れません。
何故なら海外では既にジェネリック医薬品が販売されており、安価に入手可能だからであり魅力的に写るでしょう。
購入したい場合には、個人輸入代行業者を利用する方法が簡単です。
しかし海外の医薬品には正規品を入手する事が難しいという課題があり、正規品を配送して来ないケースも見られますから注意して、出来るだけ信頼のおける業者を利用する様にしましょう。
また、日本国内でも製薬会社間の競争は激しいので、国内で安価に入手する日はそう遠くないかも知れません。

レビトラジェネリックの安全性について

レビトラジェネリックとは

レビトラとは、ドイツのバイエル社が開発したバイアグラに続くED治療薬です。
ジェネリックとは、新薬の特許が切れた後に同一成分で製造される医薬品です。
つまりレビトラジェネリックとは、ED治療新薬として誕生したレビトラの有用成分バルデナフィルを含有して製造された同一の効果が期待できる薬ということになります。
大きな特徴の違いは薬価で、ジェネリック医薬品は価格が安いので新薬の半値以下で購入できます。

インド製のみ国内製はない

レビトラジェネリックは製薬会社が製造しているため、安全性は保証されています。
しかし現時点では国内製薬会社は製造しておらず、販売されているのは全てインド製薬会社の製造のものになります。
というのも、新薬の特許には物質特許と製法特許があるのですが、インドではこのうち製法特許しか認められていません。
つまり、特許期間中の新薬でも製法を真似なければ、それは違法には当たらないのです。
これはインド独特の特許法で、日本を含む他国では認められていません。
よってインド製のみが存在することになります。

購入は個人輸入で

レビトラジェネリックは現日本において販売が認められていません。
しかし個人輸入で海外から直接購入をするというシステムなら、日本国内に居ながらでも法に触れることなく入手することができます。
個人輸入とは、消費者自らが海外から商品を直接購入する方法です。

偽物に注意しよう

個人輸入を活用する時には個人輸入代行業者を通すのが一般的です。
しかし個人輸入代行業者も数多く存在するため、何処を介して購入するのかきちんと見極めなくてはなりません。
万が一、誤った選択をしてしまうと偽物をつかまされてしまう可能性もあり、大変危険です。
もしも偽物を購入してしまうと、効果が期待できないのはもちろん、どんな成分が配合されているのか分からないため健康被害も懸念されるでしょう。
よって、信頼できる個人輸入代行業者を介するということを前提において購入してください。